総量規制対象外や例外について

年収によって借入の総額を規制する総量規制ですが、これにはいくつか例外や対象外が存在します。

まず総量規制対象外についてですが、これは銀行が行なっているカードローンなどが当てはまります。

貸金業法の総量規制

kasiki

そもそも総量規制というのは、貸金業法で定められているものです。この貸金業法はその名前のように貸金業、つまり消費者金融や信販会社が行うキャッシングなどが対象になるので、銀行法と言う別の法律で規制されている銀行は総量規制対象外となるのです。

ちなみにクレジットカードのサービスとして行われているカードローンやキャッシングは、カードを発行している信販会社が貸金業法の認可を得て運営している場合は対象になるのですが、会社によっては銀行など外部に事業を委託している場合があります。なので銀行に委託している場合はクレジットカードのキャッシングでも総量規制対象外になります。

つぎに総量規制における例外について説明します。総量規制は基本的に利用者のために決められているという事で、いくつか「総量規制の例外」というのが規定されいるのです。ここ最近増えてきているのが、多重債務者向けの「借り換え」を推奨するためのローンです。これは利用者が一方的に特をするという事で例外となっています。

他にも怪我などの入院費や不動産など担保がある貸付も例外です。なのでキャッシングなどの場合、怪我や事故の際に使うことを全面的に押し出していることも珍しくありません。

後者の担保についてですが、カードローンなどの場合、担保を求めないというのがひとつの利点なのであまり関係ありません。これはどちらかというとカーローンや住宅ローンなどに関わってくる規定です。

専業主婦でも借りられててキャッシングが夫にばれない事とその金融機関について

専業主婦でもばれずにお金を借りる事ができる事について説明させて頂きます。

専業主婦の場合、カードローンや消費者金融にお金を借りる場合、審査の際に「夫の年収・勤続年数・勤務先・今回借金する事に対して夫の了解があるのか」と言う事を審査の端末に入力しないといけません。

また、無人店舗での審査の際にも、店舗に設置されている電話でのインタビューがあり、「夫の年収・勤続年数・勤務先・今回借金する事に対して夫の了解があるのか」を確認されます。

sfa

勤務先を聞かれたら勤務先に在籍確認をされると思いますが、夫に確認したところ、そんな電話は無かったと言っていました。2社で借入をしましたが、2社とも夫の会社に在籍確認の電話は無く、カードローンの会社や消費者金融は勤務先や勤続年数を審査の基準しているだけで、在籍確認をしていない事が分かりました。

つまり、「お金を借りた事を誰にも言わずに黙っていればキャッシングがばれない」のです。

急な出費があったり、毎月の生活費のやりくりに困っていて夫にその事を知られたくない時や、夫に秘密にしたい出費があった時には、銀行名の付いたカードローンや消費者金融(みずほ銀行のカードローン等)を利用すれば、専業主婦でも簡単に必要なお金が手に入るので、夫にキャッシングがばれずにピンチを乗り切る事ができます。銀行名の付いたカードローンや消費者金融なら、専業主婦でも借りられる可能性が高いので、お勧めです。
しかし、借入を行ったローン会社は、みずほ銀行のカードローンと新生銀行のレイクで、この話は、2社に限った話かもしれません。

専業主婦でも借りれる銀行カードローン

専業主婦でも借りれるのが金利の低い銀行カードローンです。専業主婦でもお金が必要な時がありますし、急な出費に備えてカードローンを一枚持っていたい方も多いと思います。

iss

消費者金融からお金を借りるのに抵抗があるパート主婦の方、クレジットカードのキャッシングは金利が高いと感じている方にも銀行カードローンなら金利が低く、長期で借りても安心です。

ただ、専業主婦でも借りれる銀行カードローンの限度額は低めになります。某銀行カードローンの最大限度額は800万円、専業主婦は50万円までで、少ないと感じている方もいるでしょうが、急な出費に備えるために銀行カードローンを持つなら限度額50万円でも十分です。

また、銀行カードローンは月々3000円程度から返済していけます。月々3000円程度なら主婦のお小遣いやパートの収入で十分返済していける範囲内です。

ですから、毎月、ちゃんと返済していけるのか不安のある方にも計画的にお金を借りられます。

気になる金利について

それから、お金を借りると気になるのが金利です。金利は銀行によって違いはありますが、消費者金融よりも低めに設定されており、4~16%が相場です。ちなみに金利は借入限度額によって変動し、一般的に借入限度額が大きくなるほど金利が有利になります。

担保や保証人不要、ネットから申込め、14時までの申込みなら原則、即日融資を行っている銀行カードローンがほとんどです。ですから、急な出費で急いでいる方にも銀行カードローンは便利でしょう。

また、専業主婦でも借りれる銀行カードローンは原則、使い道自由なのでエステや旅行、お子さんの塾の費用などに使えます。

キャッシングバレないポイント

お金を借りたいけれど、家族、恋人、会社にバレないように借り入れたい、そんな人に向けたキャッシングバレない方法です。
キャッシングバレないためには、やはり店舗や無人機への出入りを避けることです。
嬉しい事に、今では殆どの大手キャッシング、カードローン会社がインターネットによる申し込みが可能となっています。

igsig
パソコンのみならず、携帯しか持っていない人であっても、携帯から申し込み可能なのです。

外出不要で申し込めるために、店舗への出入りを知り合いに発見される可能性はゼロとなり、キャッシングバレない確率が高くなるのです。

キャッシングバレしないポイント

キャッシングバレないポイントとして、在籍確認の電話は自分で受けるという方法があります。
会社にかかる在籍確認の電話の時間帯を指定し、自分がオフィスにいる時に電話を受けるのです。

ちなみに、在籍確認の電話においては、消費者金融は会社名ではなく個人名を名乗るために、職場の人間が出ても、まず消費者金融からだとは分かりません。
今の電話は誰からだったのなど、詮索されたくない場合は自分で受けると良いですね。

契約をした後は、利用明細はメールで受け取る方法を選びましょう。
キャッシング、カードローン会社も最近は郵送による明細送付ではなく、メールによる送付が基本となっていることが多いです。

インターネットから申し込みをした後は、郵送でカードが届きますが、この時の封筒にはあからさまなキャッシング会社名は記されておらず、家族や同居人にバレにくくなっています。

カードを見られたらバレてしまうのではという心配ですが、カードのデザインも工夫がなされており、一見しただけではキャッシング会社だとはわかりにくくなっています。