総量規制対象外や例外について

年収によって借入の総額を規制する総量規制ですが、これにはいくつか例外や対象外が存在します。

まず総量規制対象外についてですが、これは銀行が行なっているカードローンなどが当てはまります。

貸金業法の総量規制

kasiki

そもそも総量規制というのは、貸金業法で定められているものです。この貸金業法はその名前のように貸金業、つまり消費者金融や信販会社が行うキャッシングなどが対象になるので、銀行法と言う別の法律で規制されている銀行は総量規制対象外となるのです。

ちなみにクレジットカードのサービスとして行われているカードローンやキャッシングは、カードを発行している信販会社が貸金業法の認可を得て運営している場合は対象になるのですが、会社によっては銀行など外部に事業を委託している場合があります。なので銀行に委託している場合はクレジットカードのキャッシングでも総量規制対象外になります。

つぎに総量規制における例外について説明します。総量規制は基本的に利用者のために決められているという事で、いくつか「総量規制の例外」というのが規定されいるのです。ここ最近増えてきているのが、多重債務者向けの「借り換え」を推奨するためのローンです。これは利用者が一方的に特をするという事で例外となっています。

他にも怪我などの入院費や不動産など担保がある貸付も例外です。なのでキャッシングなどの場合、怪我や事故の際に使うことを全面的に押し出していることも珍しくありません。

後者の担保についてですが、カードローンなどの場合、担保を求めないというのがひとつの利点なのであまり関係ありません。これはどちらかというとカーローンや住宅ローンなどに関わってくる規定です。