専業主婦でも借りられててキャッシングが夫にばれない事とその金融機関について

専業主婦でもばれずにお金を借りる事ができる事について説明させて頂きます。

専業主婦の場合、カードローンや消費者金融にお金を借りる場合、審査の際に「夫の年収・勤続年数・勤務先・今回借金する事に対して夫の了解があるのか」と言う事を審査の端末に入力しないといけません。

また、無人店舗での審査の際にも、店舗に設置されている電話でのインタビューがあり、「夫の年収・勤続年数・勤務先・今回借金する事に対して夫の了解があるのか」を確認されます。

sfa

勤務先を聞かれたら勤務先に在籍確認をされると思いますが、夫に確認したところ、そんな電話は無かったと言っていました。2社で借入をしましたが、2社とも夫の会社に在籍確認の電話は無く、カードローンの会社や消費者金融は勤務先や勤続年数を審査の基準しているだけで、在籍確認をしていない事が分かりました。

つまり、「お金を借りた事を誰にも言わずに黙っていればキャッシングがばれない」のです。

急な出費があったり、毎月の生活費のやりくりに困っていて夫にその事を知られたくない時や、夫に秘密にしたい出費があった時には、銀行名の付いたカードローンや消費者金融(みずほ銀行のカードローン等)を利用すれば、専業主婦でも簡単に必要なお金が手に入るので、夫にキャッシングがばれずにピンチを乗り切る事ができます。銀行名の付いたカードローンや消費者金融なら、専業主婦でも借りられる可能性が高いので、お勧めです。
しかし、借入を行ったローン会社は、みずほ銀行のカードローンと新生銀行のレイクで、この話は、2社に限った話かもしれません。